利息制限法と時効

2009年8月 6日 22:52 | コメント(0) | トラックバック(0)
美容健康茶【野生ゴーヤ茶】

 

利息制限法に違反している契約でお金を借りている人が多くいます。ほとんどの消費者金融業者がそれに違反しているからです。利息制限法に罰則規定が定められていないことが原因です。

払いすぎていた金利を過払い金利と言いますが、これを返してもらうことは借り手側の当然の権利でしょう。しかし、過払い金利の返還請求にも時効の壁が立ちふさがります。
法律違反によって過払いしてしまった金利を返してもらうのに時効があるなんてと腹を立てる人もいることでしょう。

今現在支払いを続けている契約については時効の問題はありませんが、完済したものについての過払いには時効が関係してきます。過払い金の請求は完済してから10年が経過するまでにしなければなりません。つまり、10年で時効になってしまうということなのです。契約書上の最終支払日ではありません。

繰り上げで完済した場合はその日から10年と言うことになります。逆に言えば、支払いが終わった契約書を見て利息制限法に違反していて、10年経っていなければ過払い請求の対象になるということです。契約書が残っていたら利息制限法に違反していないか確かめてみてはいかがでしょうか。専門家に相談したら過払いしてしまった金利が取り戻せるかもしれません。

 

 クォーターパウンダー  ガソリン節約術  フォークリフト免許
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

利息制限法とは
利息制限法によって決められている上限金利は、元本が10万円を超えない場合には年に20%、10万円を超えて100万円未満の場合には年18%、100万円を超えた場合には15%となっています。
利息制限法とクレジットカード
利息制限法によって利息の上限金利が決まっていると言っても、守っている企業はありません。
利息制限法にのっとった利息計算
TVで宣伝している有名な企業でも同じような状態で貸し出しが行われているのは、利息制限法に罰則規定がないためで、みな「グレーゾーン金利」と呼ばれる金利での貸し出しを堂々としているのが現状です。
利息制限法に違反していたら
自分がお金を借りている消費者金融での金利が、利息制限法に定められている上限金利を超えた高金利だった場合、返してもらうのにはどのようにしたらよいのでしょうか。
利息制限法に関係するソフト
自分が契約している借入の金利が利息制限法に違反していることがわかったとき、どのくらい自分が損をしているかを計算することは素人には難しいものです。そのためにあきらめてしまっている人も多いといいます。
利息制限法の対象になるのは
利息制限法に反する利息を設定している際に過払い金請求をすることができるのは、金利が高い金融業者による借り入れに限定されます。サラ金や信販会社によるローンなどで、利息制限法の上限金利を守っていない場合に過払い金請求の対象になります。
利息制限法と多重債務者
サラ金や信販会社などから借り入れしている人の中には、1社にとどまらず幾つもの消費者金融業者から借り入れしている人が多くいます。そしてほとんどの消費者金融が利息制限法の上限金利を守っていないのですから、多重債務者が支払う金利は膨大な金額になります。
利息制限法と出資法の関係
計算し直してみると、もう支払いを終えているかもしれませんし、払いすぎたお金を取り戻せることにもなります。過払い請求について対処してくれる機関もありますので、一度相談にのってもらうことをお勧めします。
利息制限法とみなし弁済
多くの金融業者で扱っている商品で定められている利息のほとんどは利息制限法を守っておらず、出資法の上限金利を超えないようにしています。本来は、利息制限法の上限金利を超えたものについては支払の義務はないのですから、払う必要はありません。
利息制限法と時効
利息制限法に違反している契約でお金を借りている人が多くいます。ほとんどの消費者金融業者がそれに違反しているからです。利息制限法に罰則規定が定められていないことが原因です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/1661

コメントする



このサイトを購読する